優質の幻想鄉

 找回密碼
 註冊帳號
搜索
查看: 413|回復: 0

[機械設備] 海上的鋼鐵浮城 日本海軍篇 - 雄竹號驅逐艦(初代)

[複製鏈接]
發表於 2015-7-9 05:59 | 顯示全部樓層 |閱讀模式
本帖最後由 鴉樂 於 2015-7-9 10:12 編輯

橘級(改松型)驅逐艦 - 雄竹(おだけ)號驅逐艦

※資料來源所故因此文為全日文。





雄竹(おだけ)
は日本海軍の駆逐艦。仮称4814号艦、橘型(改松型)駆逐艦として舞鶴海軍工廠で建造された。




名稱由來

按照舊日本帝國海軍艦艇命名法,一等驅逐艦以天象、気象、海洋、季節來命名(昭和18年追加植物名)。

雄竹:意旨宏偉壯大的竹子。




基本資料
1.PNG




艦歴

竣工後、訓練部隊の第十一水雷戦隊(高間完少将・海軍兵学校41期)に編入するも、タービンの空気漏洩が見つかり、5月17日まで調整が行われた。舞鶴湾で単独訓練を行い、待機する。やがて、瀬戸内海への機雷投下を避けて日本海側に移動してきた第十一水雷戦隊本体と舞鶴で合同。5月29日には高間少将の巡視を受けた。空襲から逃れるため、6月に小浜湾に移動。7月15日付で特殊警備艦となり舞鶴鎮守府部隊に編入され、そのまま終戦を迎えた。


同年10月5日除籍。12月1日特別輸送艦に指定され、復員輸送に従事。その後、賠償艦として1947年(昭和22年)7月4日青島で米国へ引渡し、その後9月17日に北緯35度29分 東経122度52分の地点で標的艦として処分された。




歴代艦長

艤装員長

松雄敬次 大尉 1945年4月30日-

駆逐艦長

松雄敬次 大尉 1945年5月15日-




參考文獻

アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)。

第十一水雷戦隊司令部『自昭和二十年五月一日至昭和二十年五月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌)

第十一水雷戦隊司令部『自昭和二十年六月一日至昭和二十年六月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌)

海軍歴史保存会《日本海軍史 第7巻》。

片桐大自《聯合艦隊軍艦銘銘伝》。

外山操《艦長たちの軍艦史》。

「歴史群像」編集部《歴史群像太平洋戦史シリーズ43 松型駆逐艦》。

田村俊夫「米国に引き渡された賠償艦艇の最期について」《歴史群像太平洋戦史シリーズ51 帝国海軍 真実の艦艇史2》。




參考圖片.資料

google搜尋引擎。

日文維基百科。




相關連結

海上的鋼鐵浮城 日本海軍篇 - 松級驅逐艦(總編集)

您需要登錄後才可以回帖 登錄 | 註冊帳號

本版積分規則

小黑屋|手機版|優質の幻想鄉

GMT+8, 2020-6-4 23:30

著作權聲明 & DMCAChild Pornography使用合約 & Terms and Conditions聯絡我們 & Contact Us

快速回復 返回頂部 返回列表